京都絞り工芸館(京都絞栄会)

京鹿の子絞りは、昔から女性の憧れとして、着物や小物等に利用されており、その独特な凹凸は、高級な着物の一つの象徴とされています。ここでは、この絞り染めに触れ、楽しみ、学べるただ一つの美術館として、二条城の近くに、十年前に開館し、NHK等のテレビや新聞でも取り上げられています。
館内では、絞り染めの歴史を紹介する資料や、複雑な工程を学ぶための道具、制作風景を記録した映像なども公開されていて、ふらりと立ち寄っても必ずスタッフが分かりやすく説明してくれます。入館料500円

会社・屋号名 京都絞り工芸館(京都絞栄会)
住所 〒6048261
京都府京都市中京区油小路通御池南入
電話番号0752214252
営業時間9:00~17:00
休業日不定休

特徴

日本最古の染色技術を後世に残そうと、絞り染めの技法を絵画、屏風、立体等に応用した大作が、2カ月ごとに替わる特別展で公開されています。全長35m「絞り鳥獣戯画絵巻」は兎、蛙といった登場人物が辻が花を用い生き生きと表現され、又、広重「絞り東海道五十三次全六十景」は絞りの粒が生み出す美しい陰影が印象的である。他にも巾5.5m、高さ2mの絞り壁画「最後の晩餐」等、京都の職人の技を結集し製作した、大変見ごたえある作品で、絞り技術者の伝統工芸にかける心意気が感じられます。
ミュージアムショップでは、手頃な価格の絞り小物から、思わず溜息の漏れるような着物まで楽しめます。又、絞り体験(3000円)は数種類の図柄の中から選び、絞って染めて完成させる、シルク袱紗コースと、シルクジョーゼットのスカーフを制作するスカーフコースがあり、作品は当日持ち帰り出来ます。

メッセージ

京の絞り職人衆京都絞栄会の制作した作品は、京都絞り工芸館にて、ご覧頂けます。

お客さまからの京都絞り工芸館(京都絞栄会)への口コミ(全0件)

  • 口コミ募集中です。あなたも投稿してみませんか?